• ホーム
  • マイアカウントお問い合わせ
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

名前

シェフ naohiko nagatani 
イタリア料理店、パティスリーで修業後、独立・開業。

メモ

犬用ケーキやマカロン・お菓子等、当店の商品の販売を通して、お客様との出会いを大切にしたいと思っています

Twitterでアップされる商品の中で、登録されていない商品が多数ございます。
送ることができる商品もございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

※結婚式の引き出物やご挨拶、プレゼント、ギフトに、今人気のマカロンをどうぞ!
※冷凍ラザニア好評です!

※自家製ドレッシング好評です!250mmlタイプは、ピンクのラベルの瓶に変わりました!

 

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
             


印が休業日です(毎週火曜定休)。休業日でも、注文を入れることは出来ますが、注文の確認は休業日明けになります。製造にお時間がかかる商品は尚、商品の到着まで時間がかかりますのでご了承ください。また、できる範囲内での販売になりますので商品混雑状況によってはご注文を承れない場合がありますので、ご予約はお早めに!
印は、出荷業務のみ。
※年末年始営業について 12月21日より29日までは出荷のみ営業。30日より1月5日まで休業となります。ご注文は、12月20日最終。
※12月22日〜25日のお届け日は混雑が予想されます。
定数になり次第終了いたしますので、ご注文はお早めに!
尚。お届け日が20日以前の方がスムースな配送になるかと思います。
ご協力お願いいたします。
12月21日からの注文分の確認は1月6日から
になりますのでご了承ください。
※注文時に自動的に5日後の日付指定がされますが、12月25日より1月10日着の商品に関しましては、12月20日までの注文になりますので、カレンダーを参照後、ご希望日をご指定ください

Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク
Yahooウォレットご利用でクレジット決済が可能です。
無題 2


店長日記はこちら

LINK
ご注文、お問い合わせ時の注意
マカロンの作り方、シェフのこだわりマカロン
犬用ケーキご注文の方へ※必ずお読みください
「マカロンストラップ」当店オリジナル!
店頭での引き渡しができるようになりました
犬用ケーキ 当店のこだわり
犬用ケーキご購入のお客様の声
サイトマップ
メルマガ登録・解除はこちら



「美しさ」と「美味しさ」、「食感」にもこだわった
シェフのこだわりマカロン



こんなにキュートなマカロン。でも、お店によって本当に味、食感は様々、
当店では、本場フランスの味を意識して常に改良を重ね作り続けています。



マカロンの作り方を説明します。


材料はいたってシンプル。卵白、砂糖、アーモンドプードルは基本的な材料です。
下の写真は、粉糖とアーモンドプードルを篩にかけたもの。2回、同じ作業をします。2回することで2つの素材がよく混ざり合います。


卵白にグラニュー糖を少量入れ泡立てます。



まずは20秒低速で攪拌し、高速にスピードを上げます。


しっかりと泡立ったメレンゲ(写真下)


最初に篩っておいた粉糖とアーモンドプードルを少しづつ加えてゆきます。


木べらで、慌てずにムラの無いように混ぜます。


少しずつ泡がつぶれて混ざってゆきます。


しっかりと混ぜ終わりつやが出た生地。混ぜすぎても、混ぜ具合が足りなくても、だめなんです。
ここが第一のポイントです。


ひとつづつ丁寧に絞り袋で絞ります。
絞った跡が、うっすらと残る程度が、硬さのポイント。形の骨格はここで決まります。



焼き上げたマカロン生地にクリームやコフィチュールをサンドします。
今回はコンフィチュールなので量が少なめです。



ふっくらと焼き上がり、クリームを挟んだマカロン。
オーブンに入れたあと、最初は高温で表面を乾かし、低温の窯に移してゆっくりと火を通します。
この焼き具合で、ふわっとした生地にもなれば、ねっちりとした生地にもなり、時にはカリカリにもなります。
私の理想は表面がサクッとして、中がしっとりです。でも、マカロングラッセにするなら、カリカリの方がおいしいと思います。



中のしっとり感が伝わるでしょうか?
儚く崩れるこの食感がマカロンの醍醐味です。



是非、当店のマカロンを食べてみてください!
マカロンの購入はこちらから